統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

SPSS

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施する方法

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施するにはどうすればよいか?

SPSSで反復測定分散分析を線形混合モデルで実施してみる

SPSSで、反復測定データを線形混合モデルで実施してみるとどうなるか? 欠測値があっても強い線形混合モデルで解析してみる。

EZRやSPSSで反復測定分散分析はどのように行えばよいか?

経時的に何回か測定した連続量を、群間比較したい、時点の多重比較をしたい。 こういう時によく取り上げられる手法として反復測定分散分析がある。 EZR公式マニュアルのデータを使って反復測定分散分析の例を紹介する。 EZRでのやり方と、SPSSでのやり方を列…

EZRやSPSSで平均値の折れ線グラフを描くにはどうすればよいか?

平均値の折れ線グラフとは、経時的な測定によって得た測定値の平均値を線で結んだグラフを指している。 EZRやSPSSでどのように描くか?

SPSSで残差分析はどうやるか?

3群以上の割合を比較する方法として、多重比較以外に残差分析がある。 残差分析とは何か? SPSSでできるか?

SPSSで適合度検定はどうやるか?

SPSSで適合度検定はできるか? できる。 ノンパラメトリック検定の1サンプルを使用する。

SPSSで3群以上の割合の比較はどうするか?

SPSSで3群以上の割合を比較するには、z検定を使って繰り返し検定し、Bonferroni調整を行う。 実際どのようにするか?

SPSSのロジスティック回帰で方程式中にない変数とは何か?

SPSSでロジスティック回帰を実行すると方程式中にない変数という表が現れる。 あれはいったい何なのだろうか?

SPSSでロジスティック回帰をするときに投入変数をだんだん増やす方法

SPSSでロジスティック回帰を実行するときに調整変数をだんだん増やしていきたい時がある。 そんなときはブロックを使うと便利。

偏相関係数のサンプルサイズ計算

お互いにある変数と相関がある変数同士の相関係数を算出する場合、お互いに相関がある変数の影響を排除したうえでの相関を検討したいことがある。 そのようなときに使う方法が偏相関係数だ。 偏相関係数を算出する試験デザインを考える際に、サンプルサイズ…

ウェルチの検定 Welch's t-test

平均値の差の検定、いわゆるt検定は、等分散かどうかなんて気にしないでいい。 どんな時もウェルチの検定を行えばいい。

Cox回帰において変数選択はどうやればいい?カテゴリ変数の設定は? - SPSSで統計解析

SPSSで、Coxの比例ハザードモデル、いわゆるCox回帰を実施したいという要望は多い。SPSSはクリック、クリックで解析が進められる扱いやすいソフトウェアだ。 変数選択に悩むことは多い。また、カテゴリ変数の設定に悩むこともある。どうやればいいか?

SPSSのPost-hoc検定―5段階選択肢データの5群比較

5段階選択肢データの5群比較をSPSSを使ってPost-hoc検定が行いたい。どうやったらいいか?

SPSSでANOVAのpost hoc検定Tukeyのb

SPSSのANOVAにおけるPost-hoc検定のTukeyのbについて。

SPSSのノンパラメトリック検定でp値の表示桁数を増やすには?

SPSSのノンパラメトリック検定で、 P値を小数点4桁まで正確に出したい。どうすればいいか?

SPSSのCox回帰で3群のハザード比を求める方法

比較したい群が3つあり、第1群と第2群、第1群と第3群のハザード比を求めるにはどうしたらいいか?

SPSSで比率の区間推定はできるか?

SPSSで比率の区間推定はできるか?

SPSSでCox回帰をするときのソフトウェア操作手順

SPSSでCox回帰分析を実施するときの操作手順について。