統計ER

R, EZR, SPSS, KH Coder を使ったデータ分析方法を紹介するブログ。ニッチな内容が多め

多重共線性

SPSSのロジスティック回帰分析でVIFを計算する方法

SPSSのロジスティック回帰分析でVIFを計算するにはどうしたらよいか?

多重共線性がある場合どうすればいいのか?

多重共線性(たじゅうきょうせんせい)があるかどうかを確認する必要があるとはよく聞くが、確認して多重共線性があった場合はどうすればよいのか? 多重共線性とは?多重共線性はなぜ問題なのか?そして多重共線性がある場合どのようにすべきかをまとめた。

主成分回帰 PCR と部分最小二乗回帰 PLS はどうやる?

主成分回帰(Principal Component Regression, PCR)は、主成分分析と回帰分析の融合。主成分分析で情報の集約をして、変数を減らしてから回帰分析を行う方法。多重共線性が心配な変数が含まれていても、主成分得点に集約されるため問題がなくなる。 部分最…

統計ソフトRのISLRパッケージAutoデータを使った重回帰モデル

燃費を推測する重回帰モデルを作成した。 交互作用項を検討したり、VIFを考慮したり。 統計ソフトRのISLRパッケージを使った分析例。

多重共線性をチェックするVIFを計算するには?

重回帰分析で、変数選択において、考慮しないといけないのが、多重共線性。 多重共線性のチェックは統計ソフトRでどうやるのか?