統計ER

R, EZR, SPSS, KH Coder を使ったデータ分析方法を紹介するブログ。ニッチな内容が多め

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施する方法

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施するにはどうすればよいか?

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施するサンプルデータ

今回使用するサンプルデータは以下の書籍で紹介されているデータ。

男女別にコンビニに行く頻度を比較するという解析である。

SPSS医療系データ解析の定本

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施する

データを読み込んだら、分析メニューからノンパラメトリック検定の独立サンプルを選択する。

f:id:toukeier:20220415200458p:plain

フィールドタブでコンビニに行く頻度を検定フィードに投入。

f:id:toukeier:20220415200823p:plain

性別をグループフィールドに投入。

f:id:toukeier:20220415200733p:plain

次に設定タブで、検定のカスタマイズを選び、Mann-WhitneyのUにチェック。

f:id:toukeier:20220415201120p:plain

実行をクリックすると結果が出力される。

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施した後の結果の解釈

結果は有意確率0.002で、有意水準5%とすると、統計学的に有意に異なると言える。

f:id:toukeier:20220415201227p:plain

グラフ表現で分布が異なっていることがわかるが、男女のどちらがコンビニに行く頻度が多いのかわからない。

f:id:toukeier:20220415201404p:plain

分割表で確認してみる

分析から記述統計、クロス集計表を選択。

f:id:toukeier:20220415201509p:plain

行に性別、列にコンビニに行く頻度を投入。

f:id:toukeier:20220415201600p:plain

OKを押すと結果が出るも、これでもよくわからない。

f:id:toukeier:20220415201643p:plain

セルをクリックし、行パーセントにチェック。

f:id:toukeier:20220415201817p:plain

続行&OKで結果が出力される。

行パーセントを見ると、男性のほうが頻度多くコンビニに行っていることがわかる。

f:id:toukeier:20220415201921p:plain

マンホイットニーのU検定で、コンビニに行く頻度が低い値の方が行く頻度が多いカテゴリだったことがわかる。

最初にノンパラメトリック検定を行うと、どっちがどうなのか?よくわからない事態に陥る悪い典型例であった。

こういう順番の解析は全然おすすめできないので、まねしないでほしい。

まとめ

SPSSでマンホイットニーのU検定を実施してみた。

事前の単純集計を怠ると何が何だかわからないことの悪例になってしまった。

あなたは、そうならないように、気を付けてほしい。

SPSS医療系データ解析の定本