統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

SPSSで順序ロジスティック回帰をした後オッズ比を出す方法

complete pack banner

text data complete pack banner

順序変数を目的変数にした、順序ロジスティック回帰は、SPSSで実施できる。

しかし、オッズ比が出てこない。

Excelを使ってオッズ比を計算する方法をご紹介。

順序ロジスティック回帰とは?

順序ロジスティック回帰とは、目的変数が順序尺度の場合に、説明変数の多変量調整オッズ比を計算する回帰モデル。

SPSSでもEZRでも簡単に実行できる。

SPSSで順序ロジスティック回帰を実行する方法

メニューから「分析」→「回帰」→「順序」を選択する。

「分析」→「回帰」→「順序」

開いたダイアログボックスで従属変数、因子変数、共変量を入れる。

従属変数には順序尺度変数を入れる。

因子には、カテゴリ変数を入れる。

共変量には連続量を入れる。

従属変数、因子、共変量にそれぞれモデルに組み込みたい変数を入れる。

オプションをクリックすると確認できるが、デフォルトでリンク関数としてロジットが選ばれているため、デフォルトは順序ロジスティック回帰となる。

リンク関数がロジットであることを確認

OKをクリックすると解析される。

解析結果をExcelでオッズ比に変換する方法

一番最後のパラメータ推定値の部分を使ってオッズ比に変換して結果を得る。

この出力表をExcel用の形式でコピーを取る。

右クリックすると選択が出てくるので、Excel用を選ぶ。

パラメータ推定値の表をExcel形式でコピーする

Excelに貼り付けると以下のように貼り付く。

Excelに貼り付けたところ

因子と共変量の部分、「位置」と書いてある部分のBと95%信頼区間の下限・上限を指数変換する。

指数変換するとは、=exp()という関数で変換するという意味。

C6セルを指数変換しているところを示している

推定値及び95%信頼区間の下限・上限すべてを指数変換したら、できあがり。

オッズ比とその95%信頼区間が計算できた。

まとめ

順序尺度変数を目的変数にした順序ロジスティック回帰は、SPSSでできるが、オッズ比とその95%信頼区間を自動で計算してくれない。

表をコピーしてExcelに貼り付け、Excel上で指数変換することで、計算できる。

Excelでの指数変換は =exp() という関数でできる。

参考書籍

順序ロジスティック回帰も掲載されている。SPSSで応用的な多変量解析をするならこの本。おすすめ。

使用したデータはEZR公式マニュアル付属のデータ。EZRでも当然順序ロジスティック回帰はできる。