統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

ROC曲線

感度・特異度のメタアナリシス―診断検査の統合

診断検査の性能を見るのに、 感度・特異度は欠かせない。 病気ありをきちんと診断できる割合が感度。 病気なしをきちんと病気なしと除外できる割合が特異度。 必要な数値は、 検査陽性・陰性と、 病気あり・なしをクロスさせた、 2x2表の各セルの人数だ。…

ROC曲線のサンプルサイズ計算はSPSSやSASでできる?

ROC曲線の分析をしたいときに、 サンプルサイズ計算をしたい場合、 どうしたらいいのか? SPSSやSASで出来るのだろうか?

2つのROC曲線の差を比較するときのサンプルサイズ計算 もうひとつの方法

2つのROC曲線の差を比較するときの サンプルサイズ計算には、 いくつか方法がある。

2つのROC曲線の差を比較するときのサンプルサイズ計算

2つの指標に関するROC曲線を比較したい場合、 サンプルサイズ計算はどのようにすればいいか?

ROC曲線のサンプルサイズ計算はどうしたらいいか?

ROC曲線分析をしたいが、何人のデータを集めたらいいかわからない。ROC曲線分析のサンプルサイズ計算をしたい。こんなときどうするか?

統計ソフトRでROC曲線分析はどうやるか?

ROC曲線分析は、病気の診断のための検査を分析するために使われる。真実の分類と、真実の分類を見分ける検査結果を使って、どのレベルより上だと病気とするか?決める分析だ。胃がんや大腸がんを見つけるには、内視鏡をしないと見つけられないが、簡単な血液…