統計ER

R, EZR, SPSS, KH Coder を使ったデータ分析方法を紹介するブログ。ニッチな内容が多め

統計ソフトRの network パッケージでネットワーク図を描画する

統計ソフトRにおけるネットワーク分析のパッケージ network の簡単な使い方。

対数変換された説明変数のハザード比を真数の説明変数のハザード比に変換可能か?

対数変換した説明変数の単位数当たりのハザード比を、真数に戻した説明変数の単位数当たりのハザード比に計算できるだろうか? 論文で発表された数値を使うメタアナリシスを行うことはできるか? つまり、生データがない場合である。

正準相関分析とは?

正準相関分析とは、どんな分析で、どんなときに使うのか?

線形判別分析とは?数量化II類とは?

線形判別分析とは? 数量化II類とは? 違いは何か?

対応のあるデータの群間比較を共分散分析で解析する方法

前後2時点の対応のあるデータを群間比較するときに、どうやったらよいだろうか? 対応のあるt検定は群間比較できないし、どうすれば? そういう時は共分散分析を使うと簡単に解析できる。

SPSSの重回帰分析での交互作用項の作り方と解析の仕方

SPSSの重回帰では、交互作用項を自動では作ってくれない。 どのように作って、どのように解析すればよいか?

ケンドールの順位相関とは?

ケンドールの順位相関とは何か? スピアマンの順位相関とどう違うのか?

IPTW カプランマイヤー曲線の描き方

IPTW カプランマイヤー曲線の描き方。 統計ソフトRのパッケージとEZRを使うと描ける。

EZRでグラフの一部が切れてしまったらどうするか?

EZRでグラフが出力されたときに、余白が狭くて軸の文字が見えないことがある。 余白を調整するにはどうしたらよいか?

ロジスティック回帰分析のサブグループ解析の結果をフォレストプロットで描く方法

ロジスティック回帰分析のサブグループ解析を実施して、サブグループごとのオッズ比と95%信頼区間が計算された。 これをフォレストプロットの形で表示したい。 どうやればよいか?

重回帰分析はどういう計算をしているのか?

重回帰分析は偏回帰係数を求めて予測式(回帰式)を作り、標準化偏回帰係数の計算、回帰式の有意性の分散分析、決定係数の算出、偏回帰係数の検定、など行うが、実際どんな計算をしているのか? 実際どんな計算をしているかわかると、偏回帰係数や標準化偏回…

ダン検定 Dunn 検定とは?

Dunn検定と言えば、順位和を使った検定が有名である。 これはSPSSでクラスカルウォリス検定をしたあとのPost-hoc検定として有名。 どんな検定なのか?

クラスカルウォリス検定 Kruskal-Wallis検定が適切である条件

多群のノンパラメトリック検定であるKruskal-Wallis検定が適切に実施されるには、どんな条件があるか。 原著に立ち返って確認してみたい。

主成分分析はどんな計算をしているのか?

主成分分析は、多変量情報の縮約と言われるが、実際にはどんな計算をしているのか? 数学的に少し詳しくわかりたい人向け。

SEM 構造方程式モデリングに必要なサンプルサイズ

構造方程式モデリング(SEM)に必要なサンプルサイズはどのように計算するか?

回帰分析に必要な仮定

目的変数が正規分布している必要はない。 説明変数も正規分布している必要はない。

カーネル密度推定とは?

カーネル密度推定とはどんな推定で、どんな時に使われるのか?

線形混合モデルの切片はどんな計算になっているか?

繰り返し計測された連続データを適切に扱うために必要な線形混合モデル。 ランダム切片モデルが一番単純で有名だが、その切片はどんなふうになっているか。

ヨンキー検定 ヨンクヒール タプストラ検定 Jonckheere-Terpstra検定とは?

ヨンキー検定(ヨンクヒール タプストラ Jonckheere-Terpstra 検定)とは?

マンホイットニーのU検定には最低限何例必要か?

マンホイットニーのU検定を行う際に最低限何例あればよいか?

相関係数の差の検定はどうやるか?

2つの相関係数が統計学的に異なるのか検定する方法はあるか? ある。

EZRの集計結果・解析結果をエクセルに簡単きれいに貼り付ける方法

EZRの出力をExcelにきれいに貼り付ける方法。 標準の機能を使う方法と、テキストファイルウィザードを使う方法を紹介する。

重回帰分析の効果量とサンプルサイズ計算

重回帰分析のサンプルサイズはどのように計算するのか? 重回帰分析の効果量とは何か?

連続データの層別解析の統合

連続データの代表的な要約値、平均値と標準偏差を統合するにはどうやったらよいか? 連続データを層別で要約値を求めた後に統合する方法。

生存時間データの層別解析の統合

生存時間データを層別解析した際の統合方法。 SPSSとEZRで実施してみる。

カテゴリカルデータの層別解析の統合 ― SPSSでマンテル・ヘンツェル検定を行う方法

マンテル・ヘンツェル検定は、層別の分割表を統合する方法だ。 SPSSではどのように行うか。

SPSSのロジスティック回帰分析でVIFを計算する方法

SPSSのロジスティック回帰分析でVIFを計算するにはどうしたらよいか?

カイ2乗検定のサンプルサイズ計算

カイ2乗検定のサンプルサイズ計算はどうやるか? 実際には割合の差の検定を使ってサンプルサイズ計算をする。 データ解析時の検定はカイ2乗検定もしくはFisher正確検定を使ってよい。

SPSSで多項ロジスティック回帰を実施する方法

目的変数が連続データの時は重回帰分析、2値データの場合は、いわゆるロジスティック回帰分析。 では、3値以上のカテゴリカルデータの場合はどうすれば? 答え。多項ロジスティック回帰分析を行えばよい。 多項ロジスティック回帰分析とは? SPSSでは多項…

EZRの散布図行列で表示される曲線グラフは何か?

EZRの散布図行列において各変数の文字が表示されているスムーズな折れ線グラフは、いったい何者だろうか? ヒストグラムを見やすくしたものなのだろうか?