統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

二元配置分散分析

SPSSで二元配置分散分析を行い交互作用があるときの多重比較―単純主効果の比較

SPSSで、二つの要因の分散分析、二元配置分散分析を行った際、二つの要因間に交互作用がある場合、多重比較はどのように行えばよいか。

交互作用を考慮した二元配置分散分析をやってみた

二元配置分散分析を行うと、交互作用が気になる。交互作用とは要因Aごとに要因Bの影響が違うことを言う。例えば心理テストにおいて、ある条件、低・中・高別の反応得点が、男女で傾向が異なるという場合は、交互作用があると表現する。 交互作用を検討する方…

統計ソフトRで二元配置分散分析はどうやるか?

二元配置分散分析 two-way ANOVA はどうやるか?二元配置は、二つの要因があるという意味。 二つの要因があるというのは、要因Aは3グループにわかれて、各グループごとに要因Bが1から5を持っている。こんな状態。