統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

分散分析

分散分析のサンプルサイズ計算―pwr.anova.test()を使う方法

分散分析のサンプルサイズ計算を統計ソフトRで行う方法を解説。分散分析は三群以上の平均値を比較する分析方法。少なくともどれか一つの群がほかの群とは異なることを証明するための分析方法だ。

反復測定分散分析でグループ比較をしたいときに生じる疑問

複数回測定しているデータがあり、複数グループに分けられるとする。そうすると、反復測定分散分析を用いてグループ比較を行いたくなる。 反復測定分散分析でグループ比較を行いたいと思ったときに生じるいくつかの疑問に答える記事。 反復測定分散分析でグ…

t検定、回帰分析・線形回帰、ANOVAは、みなつながっている

t検定(平均値の差の検定)、回帰分析・線形回帰、ANOVA(一元配置分散分析)はまったく別物だと思っているならば、ぜひ読んでみてほしい。 きっと目から鱗が落ちるはず。

Greenhouse-GeisserとかHuynh-Feldtとか何してる?

繰り返し測定分散分析に登場するGreenhouse-Geisserの方法とかHuynh-Feldtの方法とかは何をしているのか? 一言で言えば、同じ対象者を複数回測定するために起きる相関を考慮した検定方法で、自由度を調整する方法だ。 統計ソフトで計算してしまうと何をして…

交互作用を考慮した二元配置分散分析をやってみた

二元配置分散分析を行うと、交互作用が気になる。交互作用とは要因Aごとに要因Bの影響が違うことを言う。例えば心理テストにおいて、ある条件、低・中・高別の反応得点が、男女で傾向が異なるという場合は、交互作用があると表現する。 交互作用を検討する方…

反復測定分散分析 群分けあり Split Plot Design 二要因混合計画 はどう解析する?

ある要因Aありなしで、何例かずつ、何回かにわたって測定したときの解析はどうやったらいいか。 繰り返し測定されているデータがあり、経時的なデータの変動パターンに興味があってそれを解析するならば、Split Plot Designと考えて解析する方法がある。二要…

統計ソフトRで二元配置分散分析はどうやるか?

二元配置分散分析 two-way ANOVA はどうやるか?二元配置は、二つの要因があるという意味。 二つの要因があるというのは、要因Aは3グループにわかれて、各グループごとに要因Bが1から5を持っている。こんな状態。

統計ソフトRで一元配置分散分析一歩一歩

統計ソフトRで、一元配置分散分析を one by one でじっくり計算してみた。 lm() と Anova() を使えばあっという間だが、具体的な一つ一つの計算を自分で組み立ててみるとどうか? 教科書の例題に沿って確認した。

ANOVAサンプルサイズ計算の際の母分散について

ANOVAのサンプルサイズ計算について質問をいただいた。 誤差の母分散の推定値について。

分散分析 ANOVAのサンプルサイズ計算はどうやる?

一元配置分散分析、ANOVA(アノーバ) One-way Analysis of Variance のサンプルサイズ計算はどのようにすればいいか? 統計ソフトRでやってみた。