統計ER

R, EZR, SPSS, KH Coder を使ったデータ分析方法を紹介するブログ。ニッチな内容が多め

R

IPTW Cox 回帰を R で行う方法

IPTW 逆確率重み付け Cox 回帰を R で行う方法

IPTW カプランマイヤー曲線に Number at Risk を入れる方法

IPTW カプランマイヤー曲線において、任意の時点における Number at Risk を書き入れる方法 R で作成する方法

主成分分析 R と SPSS の結果比較 主成分得点係数行列について

主成分分析 SPSS と R の比較をしてみる

ポアソン回帰の回帰直線と 95 % 信頼区間のグラフ

カウントデータの散布図に、ポアソン回帰の回帰直線と予測値の 95 % 信頼区間を書き入れたグラフの書き方

反復測定データの平均値の折れ線グラフを R で書く方法

反復測定データの群ごと時点ごとの平均値を結んだ折れ線グラフを書く方法

IPTW 重回帰でロバスト分散 信頼区間を求める方法

IPTW 重回帰を実施した後、ロバスト分散から信頼区間を求める方法

平均値の傾向検定をわかりやすく解説

グループごとの平均値が線形の傾向を示しているかどうかを検定する傾向検定をわかりやすく解説

カイ二乗検定のサンプルサイズ計算 独立性の検定

カイ二乗検定のためのサンプルサイズ計算の方法

多重代入法 R で Fine-Gray 回帰

多重代入法で欠測値を補完し、Fine-Gray 回帰 を実施する方法

IPTW 競合リスク累積発生率曲線の書き方

IPTW で重み付けした競合リスク累積発生曲線を書く方法

中央値の折れ線グラフの書き方

反復測定データを用いて、時点ごとの中央値を計算した後、折れ線グラフを書く方法

メタアナリシスの方法 割合の場合

割合のメタアナリシスの方法の解説

反復測定分散分析をノンパラメトリック法で行う方法

反復測定分散分析のノンパラメトリック法の解説

IPTW ログランク検定の方法 EZRとRを使う方法

IPTW ログランク検定をEZRとRを使って行う方法。

Rでヒストグラムと箱ひげ図を重ねる方法 ggplot2 を使う方法

Rでヒストグラムと箱ひげ図をggplot2 を使って重ねて描く方法の紹介。

主成分分析をカテゴリ変数で実施できる?SPSSその他の方法

主成分分析をカテゴリ変数が含まれるデータセットで実施する方法を紹介する。

ネットワーク分析とは

ネットワーク分析の基礎知識として用語の簡単な解説。

主成分分析で軸の回転をSPSSとRで行う方法

主成分分析で軸の回転をしてもよいのか?

ネットワーク図を R で書く方法

R におけるネットワーク分析のパッケージ network の簡単な使い方。

ケンドールの順位相関係数

ケンドールの順位相関係数はどのように計算するか紹介する

IPTW カプランマイヤー曲線の書き方 EZRとRを使う方法

IPTW カプランマイヤー曲線の書き方。 RのパッケージとEZRを使うと書ける。 >>もう統計で悩むのを終わりにしませんか? ↑1万人以上の医療従事者が購読中

主成分分析の計算方法 RとEZRの方法

主成分分析は、多変量情報の縮約と言われるが、実際にはどんな計算をしているのか? 数学的に少し詳しくわかりたい人向け。

カーネル密度推定 バンド幅はどう設定する?

カーネル密度推定とはどんな推定で、どんな時に使われるのか? バンド幅の決め方も。 >>もう統計で悩むのを終わりにしませんか? ↑1万人以上の医療従事者が購読中

相関係数の比較はどうやるか? 相関係数の差の検定 Rで行う方法 エクセルで行う方法

相関係数の比較はどうやるか? 相関係数の差の検定とは?

連続データの層別解析の統合

連続データの代表的な要約値、平均値と標準偏差を統合するにはどうやったらよいか? 連続データを層別で要約値を求めた後に統合する方法。

カイ二乗検定のサンプル数計算

カイ二乗検定のサンプル数計算の解説

サンプルサイズ計算のための 2 群共通の標準偏差の求め方

2群の平均値比較、いわゆるt検定のためのサンプルサイズ計算の際の2群共通の標準偏差の求め方。 2群共通の標準偏差とは、サンプルサイズで重み付けした、標準偏差の重み付け平均のことである。

ggplot でエラーバー付きグラフを書く

ggplot2というグラフをきれいに描画するパッケージを使って、エラーバー付きの平均値の折れ線グラフを描く方法を紹介する。 反復測定したエンドポイントの平均値と、SDとか95%信頼区間とかを描画する方法。

SEM とは 統計分野の話

SEM R

SEM 構造方程式モデリング とは?

IPTW Fine-Gray 回帰を実施する方法

IPTW Fine-Gray 回帰を実施する方法