「目的変数が正規分布していないのであれば重回帰分析は不適切」への対処法

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ

Q. 多変量解析でロジスティック解析を用いて 検討を行ったところ、 Reviewerから目的変数と説明変数を 逆にすべきという指摘をうけ、 目的変数が連続変数になったため、 重回帰分析をしてみたところ、 今度はReviewerから目的変数が 正規分布していないのであれば 重回帰分析は不適切という指摘をうけた。

SPSSで目的変数の正規性を調べたところ、 たしかに正規分布はしていないようで、 また、残差の正規性があればよいはずなので それも調べたが、残念ながら正規分布ではなかった。

ちなみに、共線性に関しては問題なかった。

目的変数あるいは残差が正規分布していない場合の 重回帰分析は適当ではないのか?

その場合ほかにどのような解析方法が考えられるか??

A. 正規分布していない場合は、 ひとつには対数変換してみる方法がある。

もう一つは高い低いの二値にして ロジスティック回帰を使う方法がある。