統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

サンプルサイズ計算ファイル&サンプルデータファイル
全品半額セール中!5月5日まで。HHA SHOPへGO!

https://happyhappygk.base.ec/

Number Needed to Harmはどうやって計算するのか?

ブログランキングに参加しています。
まずはぽちぽちっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ

有害必要数(Number Needed to Harm, NNH)は、

1人の有害事象が起こる人が出現するのに、

何かの影響を受けた人が何人必要かという数。

 

 

NNHを計算するにはどうやるか?

使えるシチュエーションは、

  • 曝露Aを受ける人受けない人
  • 処置Bを受ける人受けない人
  • 介入Cを受ける人受けない人

などなど。

統計ソフトRで計算するなら、以下の自作の関数を使って計算できる。

riskdiff.confint <- function(r1,n1,r2,n2,sig.level=.05,side=2){

p1 <- r1/n1
p2 <- r2/n2
diff <- p1 - p2
se <- sqrt(p1*(1-p1)/n1 + p2*(1-p2)/n2)

LL <- diff - qnorm(sig.level/side, lower.tail=FALSE)*se
UL <- diff + qnorm(sig.level/side, lower.tail=FALSE)*se

NNH <- 1/diff
NNH.LL <- 1/UL
NNH.UL <- 1/LL

c(round(c(Prop.G1=p1,Prop.G2=p2,Difference=diff,LL.95CI=LL,UL.95CI=UL)*100,1),round(c(NNH=NNH,NNH.LL=NNH.LL,NNH.UL=NNH.UL),0))

}

 

必要な情報をインプットしたら、答えが出る。

グループ1の分母が532人、そのうちイベントが起きた、すなわち分子が11人、

グループ2の分母が933人、そのうちイベントが起きた、すなわち分子が3人

riskdiff.confint(r1=11,n1=532,r2=3,n2=933)

 

計算結果は、以下の通り。

  • Prop.G1:グループ1の発現割合
  • Prop.G2:グループ2の発現割合
  • Difference:グループ1と2の発現割合の差
  • LL.95CI:発現割合の差の95%信頼区間(CI)下限
  • UL.95CI:発現割合の差の95%CIの上限
  • NNH:有害必要数
  • NNH.LL:有害必要数の95%CIの下限
  • NNH.UL:有害必要数の95%CI上限

つまり、発現割合の差が約1.7%だと、その逆数57が、有害必要数と計算される。

> riskdiff.confint(r1=11,n1=532,r2=3,n2=933)
   Prop.G1    Prop.G2 Difference    LL.95CI    UL.95CI        NNH     NNH.LL     NNH.UL 
       2.1        0.3        1.7        0.5        3.0       57.0       33.0      207.0 
 

まとめ

発現率の差の逆数がNNH。

関数を統計ソフトRで自作した。

 

追伸

治療必要数(Number Needed to Treat)と同じ計算方法。

「治療してよくなる人を見出すために何人必要か」と、

「有害なイベントが起きてしまうのは何人治療したときか」は、

計算としては同じこと。

 

参考書籍