統計ER

R, EZR, SPSS, KH Coder を使ったデータ分析方法を紹介するブログ。ニッチな内容が多め

EZRの散布図行列で表示される曲線グラフは何か?

EZRの散布図行列において各変数の文字が表示されているスムーズな折れ線グラフは、いったい何者だろうか?

ヒストグラムを見やすくしたものなのだろうか?

EZRの散布図行列で表示される曲線グラフとは?

以下の赤矢印で示した曲線グラフのことを言っている。

EZRの散布図行列で表示される曲線グラフはいったい何か?

この、対角線上のスムーズな曲線は、ガウス関数正規分布の関数もガウス関数の一種)をカーネルにした(中核とでも言う感じのもの)カーネル密度推定値(Kernel Density Estimates)を描いたものである。

カーネル密度推定とは、サンプリングした変数の母集団の確率密度関数正規分布の関数も確率密度関数の一つ)を推定する方法である。

つまり、カーネル密度推定を行うと、得られたサンプルから、母集団の姿を推定することができるという意味合いを持つ。

その結果、よくある正規分布のような形が見えてくれば、そのサンプルの母集団は正規分布しているデータなのだろうと推定できるということになる。

おすすめ書籍

EZR公式マニュアル