統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

SPSSでANOVAのpost hoc検定Tukeyのb

Toukei Consul Banner

KH Coder Consul Banner

SPSSのANOVAにおけるPost-hoc検定のTukeyのbについて。

質問

SPSSでは、ANOVAのpost hoc検定は、 いろいろな方法論で行うことができるが、 何を用いるのがよいか。

私が読んだ本ではTukeyがよいと書いてあったが、 SPSSではTukey(T)、Tukeyのb(K)の二種類ある。どちらを使えばよいのか?

回答

ANOVAのpost hocは、 基本はTukey(T)で良い。

Tukeyのb(K)は、less conservative(大胆)な ステップワイズ法。 統計学的有意に出やすいかもしれない。

個人的には控えめなTukey (T)をおすすめする。