統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

JMPでSteel検定と併合順位のDunn検定どちらを選択すべきか?

Toukei Consul Banner

KH Coder Consul Banner

JMPでノンパラメトリックのDunnett検定として、Steel検定と併合順位のDunn検定がある。

どちらを選択すべきか?

JMPで利用可能なノンパラメトリックなDunnett検定としてのSteel検定とDunn検定

統計ソフトJMPでは、コントロール群と複数の実験群を多重比較するDunnett検定の、ノンパラメトリック版として「コントロール群との比較 Steel検定」と「コントロール群との比較 併合順位のDunn検定」が選択できる。

Steel検定は2群ずつの順位、併合順位のDunn検定は全群通しての順位を使うという違いがある。

JMPでSteel検定と併合順位のDunn検定のどちらを使えばよいか?

Steel検定のように、2群ずつの順位の場合は、小さい差を検出するのに有利になる。

Dunn検定のように、併合順位の場合は、大きい差を検出するのに有意になる。

どんなときも小さい差も検出したいだろうから、Steel検定がいいのではなかろうかと思う。

まとめ

統計ソフトJMPで、Dunnett検定のノンパラメトリック版としてSteel検定と併合順位のDunn検定が実行できる。

小さい差を検出できるという観点から、いつでも、2群ずつの順位を用いるSteel検定を使うのが良いと思う。

参考サイト・参考資料

JMPヘルプ:ノンパラメトリック検定

https://www.jmp.com/support/help/ja/15.2/index.shtml#page/jmp/nonparametric-multiple-comparisons.shtml#ww1054893

医薬統計で汎用される検定と多重比較法(スライド85ページ)

https://www.croit.com/wp_croit2/wp-content/uploads/2018/11/17_01.pdf