統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

SPSSで3群以上の割合の比較はどうするか?

kaiseki daiko banner

SPSSで3群以上の割合を比較するには、z検定を使って繰り返し検定し、Bonferroni調整を行う。

実際どのようにするか?

SPSSで3群以上の割合を比較するにはまずクロス集計を行う

「分析」メニューの「記述統計」→「クロス集計表」を選択する。

f:id:toukeier:20220108195850p:plain
「分析」→「記述統計」→「クロス集計表」を選択

そのあと、行と列に関連性を見たい二つの変数を投入する。

SPSSで3群以上の割合を多重比較するには「セル」から設定する

「セル」をクリックして、「列の割合を比較」と「p値の調整(Bonferroni 法)」にチェックを入れる。

使っている検定手法のz検定は、正規近似を使った割合の差の検定を意味している。

f:id:toukeier:20220104182441p:plain
クロス集計表の「セル」をクリックする

f:id:toukeier:20220104182505p:plain
列の割合の比較とBonferroni調整にチェックを入れる

SPSSで3群以上の割合を多重比較した結果を読む

f:id:toukeier:20220104182531p:plain
有意差がないグループ間にaの文字がついている

APA(American Psychological Association)形式にすると、列パーセントがNの右側に並び、SPSSのデフォルトよりも使いやすそうな表が出力される。

多重比較の結果は、脚注に注目する。

「各サブスクリプト文字は、列の比率が .05 レベルでお互いに有意差がない Group のカテゴリのサブセットを示します。」とある。

これは、行ごとにみて、サブスクリプト(下付き)文字、この場合は a 、がついているグループ同士は、列の割合の差が統計学的有意でない組み合わせであるという意味である。

つまり、共通の下付き文字があるグループ間は、統計学的有意な差がなかったということである。

この例では、すべてのセルに a がついているので、どのグループ間にも統計学的有意差なしということである。

以下の参考サイトの例では、統計学的有意な差がある群間とない群間がある例が示されているので、確認されるとよいかもしれない。

2値変数×3値変数のクロス集計での多重比較の方法

f:id:toukeier:20220108201939p:plain
参考サイトから結果表の図を引用

まとめ

SPSSで3群以上の割合を多重比較するにはどうすればよいか?について紹介した。

クロス集計表の「セル」から列の割合の比較とBonferroni調整を選べば解析できる。

結果の出力のされ方が特殊なので、よく注意して解釈を読み解く必要がある。

解説動画

youtu.be

参考サイト

2値変数×3値変数のクロス集計での多重比較の方法

クロス集計表のセル表示

SPSS医療系データ解析の定本