統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

SPSSでロジスティック回帰をするときに投入変数をだんだん増やす方法

Toukei Consul Banner

KH Coder Consul Banner

SPSSでロジスティック回帰を実行するときに調整変数をだんだん増やしていきたい時がある。

そんなときはブロックを使うと便利。

SPSSでロジスティック回帰をするときに独立変数をブロックに分けて投入する方法

f:id:toukeier:20211115111618p:plain
ブロック1に検討したい要因を投入する

次へをクリックして、ブロック2に共変量を投入する。

f:id:toukeier:20211115111658p:plain
ブロック2に共変量を投入する

SPSSでロジスティック回帰をするときにブロックを使うとどのような結果が出力されるか

ブロックを使って独立変数を投入すると、まずブロック1の変数だけで解析をしてくれる。

f:id:toukeier:20211115111745p:plain
ブロック1の変数のみで解析した結果

引き続き、ブロック2の変数を投入した全体で解析をしてくれる。

f:id:toukeier:20211115111820p:plain
ブロック1及び2の変数で解析した結果

このようにすれば、多変量調整モデルの変数を段階的に増やしながら結果を確認することができる。

ブロックとして事前に設定すれば、何度も「分析」から「回帰」→「二項ロジスティック」を選ばなくて済む。

まとめ

SPSSでロジスティック回帰をする場合、投入する独立変数を段階的に増やしていくために、ブロックを使うと便利。

無敵の無料統計ソフトEZR公式マニュアル

SPSSもいいソフトだが、EZRもいい。

なんといってもEZRは無料。

EZRは、医療統計に強い。

ゼミ卒業・院修了したら、SPSSが使えなくなってしまう、どうしよう、という人におすすめ。