SPSSクレメンタインによるデータマイニング

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ

IBM SPSS Modelerの使い方の本。

以前、クレメンタインと呼ばれていた
時期に出版されたもの。

Modeler 14.1でも適用可能だった。
(現在のModeler 17.1.0では未確認)

一番ためになったのは、
P.147のC5.0の結果解釈。

決定木の出力は一見わかりやすいが、
なかなか腑に落ちていなかった。

Aを避け、Bを条件Cとして、Dとすると、「万全である」。
というような、今一番求めている条件群は何か?
という問いに収束させれば、
有益な答えをもたらす可能性があることがわかった。

ちなみにC5.0とは、
アルゴリズムが公開されていない、
しかし、予測の精度が高い、
なんとも神秘的で魅惑の手法。

興味ある?