統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

平均値の差の検定

ウェルチの検定 Welch's t-test

平均値の差の検定、いわゆるt検定は、等分散かどうかなんて気にしないでいい。 どんな時もウェルチの検定を行えばいい。

t検定、回帰分析・線形回帰、ANOVAは、みなつながっている

t検定(平均値の差の検定)、回帰分析・線形回帰、ANOVA(一元配置分散分析)はまったく別物だと思っているならば、ぜひ読んでみてほしい。 きっと目から鱗が落ちるはず。

平均値の非劣性検定のサンプルサイズ計算はどうやる?

非劣性試験のエンドポイントが連続量で、 各群の平均値を求める場合、 サンプルサイズはどのように計算するか? 統計ソフトRのスクリプトにしてみた。

対応のあるt検定のサンプルサイズ計算はどうやる?

対応のあるt検定は、前後比較をするデザインの時に用いる。 同じ人の変化のため、ばらつきは小さい。 対応のあるt検定のサンプルサイズは、驚くほど小さくなる。

t検定のサンプルサイズ計算はどうやる?

t検定(平均値の差の検定)のサンプルサイズ計算はどうやるのだろうか。 1:1の割り付けじゃなくて、1:2とか1:3とかにするにはどうしたらいいか? 統計ソフトRでt検定のサンプルサイズを計算してみた。

非劣性検定とは?どうやるの?

いままでの方法と比べて、 格段にいいとか、 際立っていいとか、 じゃなくてもいい場合がある。 ダメじゃなければいい。 劣っていなければいい。 劣っていなければいいという検定方法が、 非劣性(ひれっせい)検定だ。 じゃ、どういうときが劣っていないっ…