統計ER

統計ソフトRの使い方を中心に、統計解析方法の解説をするブログ。ありそうでなかなか見つからないサンプルサイズ計算などニッチな方法について紹介しています。

ロジスティック回帰分析

ブートストラップ ロジスティック回帰分析をEZRで行う方法

ブートストラップとは、小さいサンプルを復元抽出で何度もサンプリングして、疑似的に何度も試行したことにして、その結果から推定値の直接的な95%の範囲を求めたりする方法。 ブートストラップを使ったロジスティック回帰分析の方法をご紹介。

線形モデル linear model の分類が知りたい

回帰分析は、さまざまな種類があり、呼び名がわかりにくく混乱してしまう。 回帰分析を一般に線形モデルと呼ぶが、その線形モデルにいろいろな派生形があるということだ。 どれがどんな解析を指しているのか整理してみた。

EZRで多変量ROC曲線を比較するには?

ロジスティック回帰の回帰診断の一つにROC曲線を活用する方法がある。 ロジスティック回帰モデルを多変量で行えば多変量ROC曲線となる。 モデルごとに算出されるROC曲線を比較するにはどのようにすればよいか?

SPSSのロジスティック回帰で方程式中にない変数とは何か?

SPSSでロジスティック回帰を実行すると方程式中にない変数という表が現れる。 あれはいったい何なのだろうか?

SPSSでロジスティック回帰をするときに投入変数をだんだん増やす方法

SPSSでロジスティック回帰を実行するときに調整変数をだんだん増やしていきたい時がある。 そんなときはブロックを使うと便利。

ロジスティック回帰&トレンド検定&多重比較 - 統計ソフトRでタイタニック号データの分析

統計ソフトRに組み込みのタイタニック号の生存・死亡データで、生存・死亡に関するロジスティック回帰分析と、独立変数の多重比較を実行してみる。 今から100年以上前の未曽有の大惨事の鎮魂を祈りつつ、解析してみる。

ロジスティック回帰分析 - 悲劇のタイタニック号データを統計ソフトRで分析

タイタニック号は、いまから100年以上前の1912年4月14日の夜、氷山に激突し、北大西洋の底に1,500名以上の命と一緒に沈んだ。 乗客乗員の生存・死亡のデータを用いて、ロジスティック回帰分析を実行してみる。 未曽有の事故のデータを胸に刻むべく、真摯に取…

連続量ロジスティック回帰のサンプルサイズ計算はどうやる?

独立変数が連続量のロジスティック回帰モデルの場合、サンプルサイズはどのように計算するのか? 統計ソフトRでスクリプトを書いてみた。